会社を設立する際の会社設立登記が必要です。岡山で会社設立をお考えの方は登記プラザにお気軽にご相談下さい!

岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザにお任せ下さい
岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザ0120193552にお問い合わせ下さい

会社設立登記について

会社を設立する際には必ず法務局に書類を提出し会社設立登記を申請しなければなりません。

会社設立登記に必要な書類・流れ

①公証役場にて定款の作成をします。

  • 代表取締役の印鑑証明書(取得後3ヶ月以内のもの) 各1通
  • 代表取締役の実印
  • 公証人手数料 (約52,000円)
incorporation01

arrow03

②資本金の払込みを行います。
発起人名義の口座に1円以上の出資金を払い込みします。使用する口座は新たに開設する必要はなく、これまでに使用していた口座でかまいません。また通常は発起人と会社代表取締役は同一人物のであることが多いのですが、会社代表取締役と発起人が異なる場合は発起人から代表者へ出資金を受領する委任状の作成が必要です。
incorporation02

arrow03

③法務局にて会社設立登記の申請を行います。

  • 払込金が確認できる通帳のコピー
  • 代表取締役の印鑑証明書(取得後3ヶ月以内のもの) 各1通
  • 代表取締役の実印
  • 取締役の個人の実印
  • 会社の実印(代表者印)
  • 登録免許税15万円
incorporation03

登記のお悩みご相談ください!!

登記プラザ岡山では、登記に関する お悩み相談から不動産登記、相続登記、会社登記に関することを幅広く承っております。

岡山で不動産登記・相続登記・会社登記の手続きのことなら登記プラザ岡山へ
  • ▷ 不動産売買の際の所有権移転登記
  • ▷ 会社設立登記・役員変更登記
  • ▷ 相続や贈与による所有権移転登記・所有権変更登記