抵当権抹消登記は自分で登記しない限りずっと抹消されません。マンションを売却する際には抵当権抹消の登記が必要になってきます。

岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザにお任せ下さい
岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザ0120193552にお問い合わせ下さい

マンション売却(抵当権抹消登記・所有権保存登記)

新築マンションの登記(所有権保存登記・抵当権設定登記)について

新築マンションを購入された時に必要な登記は以下の様なものがあります。

  • 区分建物表題登記
  • 所有権保存登記(保存登記)
  • 抵当権設定登記(設定登記)

マンションは区分建物として扱われるため行う区分建物表題登記が必要ですが、全ての部屋を同時に区分建物表題登記をしなければならないため個人で登記を行う必要がありません。おもに行う登記は所有権保存登記(保存登記)抵当権設定登記(設定登記)です。

所有権保存登記

所有権保存登記(保存登記)とはマンションの所有者を登記するものです。これによってマンションの所有者を明確にします。またマンション購入は大抵の方が住宅ローンを使われることと思います。その時、住宅ローンの担保として購入したマンションに抵当権設定登記を行うことになります。抵当権設定を登記することではじめてマンションに抵当権がつきます。あまり考えたくありませんが、もし何らかの事情で支払いができなくなった時には債権者(抵当権所有者)そのマンションを競売にかけ、その売却金で債務者から債権(住宅ローン)を回収することになります。
estate011

抵当権抹消登記

無事、住宅ローンを完済すると抹消登記に必要な書類が届きます。抹消登記はとくに期日は設けられてはいませんが、書類には有効な期日があるため受け取ったら早めに手続きをすることをお勧め致します。抹消登記が抹消書類の再発行はもちろんできますが、再発行の費用もかかってきます。
また抵当権抹消登記がそのままの不動産は売却や不動産担保を利用しての新規の借入れもできません。
その他、不慮の事故や病などで所有者がが亡くなった場合などは手続きも複雑になってきます。やはり書類の期日内にできるだけ早めに抹消登記を行っておくべきでしょう。

不動産登記(報酬のみ)

住所・氏名変更 10,000円~
所有権保存 15,000円~
所有権移転 35,000円~
抵当権設定 35,000円~

※立会い料、各種手続き、消費税別途

登記のお悩みご相談ください!!

登記プラザ岡山では、登記に関する お悩み相談から不動産登記、相続登記、会社登記に関することを幅広く承っております。

岡山で不動産登記・相続登記・会社登記の手続きのことなら登記プラザ岡山へ
  • ▷ 不動産売買の際の所有権移転登記
  • ▷ 会社設立登記・役員変更登記
  • ▷ 相続や贈与による所有権移転登記・所有権変更登記