不動産(土地・建物・マンション)などを譲渡する際には所有権移転登記が必要です。所有権移転登記も登記プラザへお任せ下さい!

岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザにお任せ下さい
岡山で不動産登記・相続登記・法人登記の手続きのことなら登記プラザ0120193552にお問い合わせ下さい

贈与にともなう所有権移転登記

贈与登記とは

贈与は贈与者と受贈者の間でかわされます。
贈与するには書面による契約が必要です。とくに不動産などは高額な財産となるためトラブルを避ける為にも贈与契約書の作成・登記は必須です。
不動産(土地・建物・マンション)などを譲渡する際には所有者が受贈者に変わるため、名前の変更(所有権移転登記)が必要です。また所有権移転登記をする際には贈与契約書を作成を済ませた後に登記されます。

生前贈与とは

生前贈与は節税対策としてよく用いられています。贈与にかかる相続税の税率は累進課税なので相続の財産が多ければその分税率も上がってきます。生前贈与をすることで少しでも相続する財産を減らしておくことによって相続の際にかかってくる税率を減少させる方法です。生前贈与は大きく分けて3つの方法があります。
相続税の減税

・暦年課税の制度を利用して基礎控除額110万円の範囲内で贈与をする

暦年課税制度は1年間にもらった財産の合計から110万円を差し引いた残りの財産に対して税金がかけられます。1年間に贈与された110万円以下の場合は税金はかかりません。しかしきちんとした方法で行わないと結局、課税対象にされてしまうことになってしまいかねません。

・相続時精算課税制度を利用し、親(65歳以上)から子(20歳以上)への贈与による場合

1年間にもらった財産の合計から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して税金を課す方法です。

・婚姻期間20年以上の夫から妻への居住用不動産の贈与

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合は基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。

節税対策を行うにはどのような方法・制度の利用をすれば一番良いのかを考えることが重要です。

贈与登記のながれ

①贈与する不動産の確認

贈与の対象となる不動産の調査・確認を行います。

estate015

②所有権移転登記に必要な書類の収集・作成

所有権移転登記に必要となってくる書類収集・作成などを行います。

estate015

③登記申請

必要書類が揃ったら、不動産の所有権移転登記の申請を法務局にて行います。

estate015

④登記完了・関係書類の送付

法務局への所有権移登記の手続きが完了し、権利書などが発行されましたら。権利書のお渡しを致します。

贈与登記に必要な書類

贈与者

  • 登記原因証明情報
  • 権利証または登記識別情報
  • 印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの)
  • 委任状
  • 固定資産評価証明書

受贈者

  • 住民票
  • 委任状
  • 身分証明証

※ケースによって相続放棄に関する手続きの必要書類が変わってくることもあります。詳しくはお問い合わせ・ご相談時のお知らせいたします。

登記のお悩みご相談ください!!

登記プラザ岡山では、登記に関する お悩み相談から不動産登記、相続登記、会社登記に関することを幅広く承っております。

岡山で不動産登記・相続登記・会社登記の手続きのことなら登記プラザ岡山へ
  • ▷ 不動産売買の際の所有権移転登記
  • ▷ 会社設立登記・役員変更登記
  • ▷ 相続や贈与による所有権移転登記・所有権変更登記